植え替えの季節・プロが勧める土の選び方!

教えてプランツドクター中山さん

観葉植物のプロによるコラム

土選びのポイントは水はけ!

こんにちは。
季節は春・・。
観葉植物に限らず、すべての植物が成長を始める季節。
園芸シーズンの始まりです!

植物をより元気に美しく保ちたい・・という場合、植え替えは絶対に行わなくてはならない行為のひとつです!
基本は大地で育つ植物を「鉢」という限られたスペースに留めておくためには
適度に鉢内の環境をリフレッシュしていかなくてはなりません。
つまり新しい用土で植え替えする必要があるという事です。

植木鉢の土選び

昨今はいろいろな園芸メーカーから「〇〇の土」といったような専門用土が出ていたり、水耕栽培用土などもあり、本当にたくさんの種類の培養土が販売されています。
こんなにあるとどれを選べばいいの?と不安になってしまいますよね?

基本的には各メーカーから出ている専門用土を選べば問題はありません。
多肉なら「多肉の土」とか観葉植物なら「観葉植物の土」で大丈夫です。

でも、あえて注意する点をあげるとすれば「水はけのよい土」を選ぶという事!

水はけのよい土であれば潅水後、比較的早く乾くので根腐れの危険性が減るからです。
主に軽石などの原材料が多く入っている土であれば水はけも自然と良くなっているはずです。
後は赤玉土や鹿沼土など丸い団粒構造のものを選んでいただくと水はけがよいでしょう。

もうひとつ、ポイントとしては・・。
観葉植物を置く場所は殆どの方が室内だと思われますので、なるべく有機肥料を使用していない土を選ばれるのがよいと思います。
例えば腐葉土などは葉を腐らせた土で養分となるのですが、この腐葉土の発酵が不十分だとコバエなどが卵を産み付けたりする産卵床になってしまいます。
腐葉土などを使用していなくても化成肥料や液体肥料などで養分を補うことが出来ますので、
室内で清潔に植物を楽しみたい方は内容物を良く確かめてから購入されるといいと思います!

腐葉土

基本的に土の種類に正解は無く、品種別におすすめがあったとしても、各メーカーによって乾き具合が違ってきます。
そしてもちろん、植える植物、鉢を置く場所、季節などの環境にとって乾く時間も変化します。
ご自分の環境と水遣りサイクルのバランスがあった土を使用してあげると効果的です。

例えば、複数の植物をお持ちの場合は土を統一して、まず乾くまでの時間を観察してからお水をあげるようにすると
根腐れの失敗が防げると思います!

まあ結局のところ、自分で体験してみないとわからない!
上記の点を踏まえて、ご自分の環境にあった土を探してみることが一番の解決法だと思いますよ!

おすすめ培養土

中山裕二氏
埼玉県越谷市にある観葉植物専門店GREEN JAMの店主・
中山裕二さん。
多肉やエアプランツはもちろん、塊根植物なども揃う、注目の観葉植物専門店。仕入れは必ず信頼のおける生産者さんから中山さん自身の目で見て直接選ぶ。個性的な植物や樹形のしててにこだわった一点ものなど質が高くてレアな品種が揃うとグリーンマニアの中でも話題のお店。
■観葉植物専門店GREEN JAM 埼玉県越谷市花田4-9-18 公式ホームページはコチラ

シェアする

フォローする